新生銀行レイクの選べる返済方法5つ

 

最近の消費者金融は、インターネットや提携ATMの拡大によって、非常に便利に使えるようになりました。

 

レイクもその例外では無く、返済方法も多数用意されています。複数回におよぶ返済の場合、返済がより簡単に行えることは、引き落としのミスや遅延の防止にもつながります。

 

自分の環境に合わせて、楽な返済方法を選択しましょう。以下に、レイクの返済方法を紹介します。

 

 

インターネットからの返済

 

レイクのWEB返済は、手数料が無料となっています。

 

パソコン、スマートフォン、携帯から利用でき、ネット環境さえあれば、どこからでも返済できるのが良い所です。

 

また、24時間いつでも返済可能で金融機関の営業時間外でも利用でき、ほぼノータイムで残高に反映されます。

 

使用するには、レイクの会員ページからログインし、利用するネットバンキングの口座を設定します。

 

対応しているネットバンキングの口座には、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、楽天銀行などがあります。

 

ネット環境と、指定銀行口座がある方には、使い勝手の良い返済方法となるでしょう。

 

自社ATMから

 

レイクATMは、土日祝日および夜間も手数料が無料です。

 

通常の返済のほか、一括返済にも対応しています。ただし、24時間利用可能では無いので注意してください。

 

営業時間は、平日と土曜日:7時30分〜24時。日曜日と祝日:7時30分〜22時、毎月第3日曜日:7時30分〜20時となっています。

 

また、カードを忘れてしまっても、生年月日、カードの暗証番号、電話番号を使って認証を行い、返済することが出来ます。

 

口座から自動引き落しで

 

自動引き落としのメリットは、「うっかり返済日を忘れていた。」といったことが防止できる点です。

 

また、残高さえチェックしておけば、別段手間も時間もかかりません。手数料も無料ですので、おすすめの返済方法です。

 

コンビニ、提携銀行ATMなどから

 

コンビニなどの全国いたるところにある提携ATMは、土地勘のない場所でもすぐに見つかり、非常に使い勝手の良い返済方法です。

 

利用可能なATMは、「新生銀行」または「新生銀行レイク」のロゴが目印です。

 

手数料が無料であることも嬉しい点です。

 

銀行振り込みで

 

銀行振り込みも可能ですが、各振込先金融機関ごとの手数料がかかります。

 

ほかに、無料の選択肢がたくさん用意されているので、この方法を使うメリットはあまりありません。

 

できれば違う方法を利用しましょう。手元にカードがなくても、返済出来るのが唯一の利点でしょうか。