フリーローンとカードローンって違いあるの?

お金を借りようと思った場合、どのような商品があるのか調べると思います。

 

その中でフリーローンとカードローンと言う言葉をよく見かけると思うのですが、この2つに何か違いがあるのか?と疑問に思った人もいると思います。

 

この2つのローンに何か違いはあるのか見ていきたいと思います。

 

「フリーローン」とは名前の通り使い道が自由なローンです。もちろん「カードローン」も使用用途は決められていませんので自由な使い方が出来るようになっています。

 

そのためカードローンはフリーローンの中にいれて問題ないようです。しかし金融業者によってこの2つは違うものとして使いわけされていることがあります。

 

この2つの違いですが、

 

@利用限度額内の使い方の違い

 

A金利の違い

 

B審査の違い

 

となっています。

 

利用限度額内の使い方の違い

 

利用限度額内の使い方の違いとはどのような事かというと、カードローンの場合は利用限度内であれば何度でも借入することが可能なのです。

 

例えば利用限度額が100万円だった場合、今日30万円借りたとすると残りの利用限度額は70万円になります。今日借りた30万円を返済しなくても次の日残りの70万円を借りることができるのです。

 

しかしフリーローンの場合はちょっと違います。30万円借りた場合、まずはこの金額を返済しなければ追加で借入ができないようになっているのです。

 

この違いというのはかなり大きな違いになってきます。

 

金利の違い

 

フリーローンとカードローンでは金利にも違いがあります。先に説明した通りカードローンの方がフリーローンよりも便利に利用できます。

 

そのためカードローンの方がフリーローンよりも金利が高めに設定されていることが多いのです。利用限度額内であれば何度も借入可能となると、その分返済へのリスクが増してくるため金利が高くなってしまうのです。

 

審査の違い

 

審査もやはり便利な分カードローンの方が比較すると厳しくなっているようです。しかし最近ではカードローンも即日融資などに対応していることも多いので若干審査も通りやすくなっている所もあります。