フリーローン選びで失敗しないために

数あるフリーローン商品の中から、どのようにすれば自分に一番合ったものを選び出せるのでしょうか。

 

まず、色々な商品を比較検討することが大切です。

 

その際、重要となってくるのが、以下の3つのポイント!

 

その1 金利
その2 利用方法
その3 利用限度額

 

この3点に注目して比較検討すれば、自分に合うフリーローンを見つけられるでしょう。

 

「金利」

 

金利は、返済に大きく関わる問題ですから特に重要。金利はフリーローン毎に異なるため、しっかりチェックするようにしましょう。

 

一概には言えませんが、気軽に利用できる消費者金融フリーローンの金利は、大手銀行が提供するフリーローンの金利に比べ、一般的に高めに設定されているとされています。

 

消費者金融の場合、審査が通りやすいなどの利点はありますが、金利が低い銀行の方が、返済の負担を考えるうえではメリットが大きいでしょう。

 

「利用方法」

 

見落としがちなポイントですが、これも非常に重要。どのような方法で借入・返済ができるかは、事前にきちんと確認しましょう。

 

フリーローン会社によっては、借入・返済の方法が限られている場合もあります(時間制限や使用可能なATMが限定されているなど)。

 

自分のライフスタイルと返済方法が上手く合致しなければ、返済の遅延・滞納をしてしまうリスクも高まりますから、借入・返済がスムーズにできるということは大切なこと。

 

最近は、インターネットから申請等の手続きができたり、近くのコンビニATMで借入・返済ができたりするところが増えてきていますから、このように時間や場所に縛られず自分のタイミングで利用できるシステムの会社を選ぶと良いでしょう。

 

大手の銀行であれば、借入・返済方法の選択肢も充実している場合が多いです。

 

「利用限度額」

 

金利同様、フリーローンごとに、受けられる融資の枠(利用限度額)は異なってきます。

 

特に、総量規制によって借入額が決められてしまう消費者金融と、総量規制の対象外である銀行とでは、大きな差がありますから十分に注意が必要(総量規制:借入は年収の3分の1を超えてはならないという決まり)。

 

総量規制に縛られない銀行の方が、大口の融資が期待できます。以上から、「銀行フリーローン」を選択したほうが、低金利で、利用しやすく、希望する額の融資を得やすい、ということがいえるでしょう。