フリーローンは銀行系がベスト!その仕組みとは?

使用目的を問われないフリーローンは人気を集めていますが、銀行系のフリーローンは多くの人に選ばれているようです。銀行系のフリーローンとその他金融機関のフリーローン。その違いはどこにあるのでしょうか。

 

「総量規制」の適用外

 

最近法律が変更され、消費者金融からの借り入れには制限がかけられるようになりました。「総量規制」と言われるこの規制は消費者金融は年収の3分の1までしか貸してはいけないというものです。

 

つまり、年収150万円の人であれば50万円以下しか借りられないのです。しかし銀行はこの規制の対象外であるため、年収が150万円であったとしてもその他の事情を考慮して50万円以上貸し出すことも可能なのです。

 

例えば親類から相続した持ち家があるとか、信用情報に傷が付いていないとか、返済実績がある、などが挙げられます。

 

パートで働いている主婦であれば年収を100万円程度に抑えている人が多いと思いますが、銀行系フリーローンであれば夫の収入などを考慮して貸出金額を決めてもらえるため借りやすいのです。

 

金利が低め

 

消費者金融系フリーローンの金利が4〜18%、銀行系フリーローンの金利は4〜15%となっています。

 

ほとんどの利用者はこの最高金利に近い金利が付けられるため、銀行系と消費者金融系とでは3%も金利が違ってくるのです。

 

このように銀行系フリーローンでは消費者金融のフリーローンよりも金利の設定が低めになっています。

 

対応がしっかりしている

 

簡単に想像できることではありますが、銀行と消費者金融では銀行の方が従業員教育はしっかりしています。

 

客に対する接客態度やもしもの時の対応など銀行の方がきちんとしており安心して利用することができるでしょう。

 

返済の利便性

 

銀行系フリーローンはその親会社である銀行ATMから簡単に返済をすることができます。思い立った時にすぐ返せるというのはとても便利ですよね。