フリーローンはどんなローン?

フリーローンは名前に「フリー」と付いているように、使途が自由なローンです。

 

したがって、フリーローンは何を目的とした借入であっても良いのです。他のローンには住宅ローンなどがありますが、このようなローンとは異なるところがあります。

 

住宅ローンの場合には住宅のためにお金を借りることになり、そのお金を借入した本人が実際に手にするわけではなく、不動産会社へと支払われます。

 

自由な目的で使えるフリーローン

 

一方でフリーローンの場合には、自分自身が借入したお金を手にすることになります。同じようにお金を借りて利息とともに返済しますが、このように目的が限定されるかどうかが違っており、フリーローンならば自分が手にしたお金を自由に使うことができるのです。

 

このフリーローンの特徴は非常に便利なものです。ただし、便利であるがゆえに気を付けなくてはならない点もあります。

 

それは紛れもなく借金であり、利息がかかるという点です。他のローンと比較するとやや金利が高くなる傾向があり、だいたい15%〜18%程度の最高金利が設定されているケースがほとんどです。したがって、ある程度の利息がかかるということは忘れてはいけません。

 

借金の積み重ねにならないように注意

 

また、使途が限定されておらず自由に使うことができるので、何となく借金ではないような気持ちになってしまうこともあるので、注意しましょう。

 

返済期限が来た時にちゃんと返済できるように計画的な利用が必要となります。もし、計画的に利用できなければ、また他の業者でフリーローンを利用するというように借金が膨らんでいく可能性があります。

 

一度、そのような複数の業者から借入するような状況になってしまうと、なかなか元の生活に戻ることができないものです。返済に追われる毎日になってしまいますので、心身ともに壊してしまう可能性もあります。

 

フリーローンは自由に使えて便利ですが、借金であるということも忘れないように注意しましょう。