フリーローンの金利の決め方について

「年率4〜18%」などとなっているフリーローンの金利がありますが、たった年率4%でフリーローンを利用できる人と年率18%払わないといけないと人がいるいう意味なのです。

 

この金利の差は銀行にしても消費者金融にしても、金利を決定する際にスコアリングと言われる数値による決定方法で決められるのです。スコアリングによる数値には次の事柄が点数化され、どれだけ信頼ができるかを決定します。

 

・対象者の方の年収はいくらあるのか
・対象者は他にも貸付をしているのか
・対象者の職種
・今までの返済で滞納しているのもはないか
・担保となるような持ち家や土地などがあるか

 

その他にも基準となるものはありますが、このようなカンジで決められていきます。

 

これらによって出てきた数字で信頼性の度合いがわかり、金利が安く設定されるのか上限近くに設定されるかを決めることになるのです。

 

スコアリングによって決まる金利

 

スコアリングの方法によって金利を決めますが、金利のほかにも決める事があるのです。年収があまりにも低い人や、他社にも貸付がある人など、スコアリングの結果があまりにも悪い人には返してくれる見込みが望めないとみなされ、借り入れそのものをお断りされるケースもあるんです。

 

ですが、大会社の重役だったり、持ち家や土地などがあり、収入も高かったり、滞納もなかったりする人には、一番安い金利で借り入れをする事ができるのです。

 

確実に利子をつけて返してくれそうと見込める相手や、今後もずっとお付き合いを望む相手であり、そのような相手にはその気持ちとして、金利を安めに設定する事が多いです。

 

その逆で年収が多いだけではだめで、信用機関に滞納記録があったり、個人事業主ですと、本当に返済してくれるのか信用に欠ける部分もあり、金利は上限ギリギリで貸し出されるようにするのです。

 

初めての借入れは金利も高めに設定される

 

通常初めてお金の借り入れをする人には、どういう状況でもたいてい金利は高めに設定されるのです。

 

実際にお金を返すのは年収でも、持ち家でもなく「人」ですので、どれだけ年収や持ち屋があったとしても、しっかりと返済してくれるかが重要になるんです。

 

人としての信用を築くまでは高めの金利を覚悟しておかなければなりません。